薄毛を投薬治療で治療をしよう

 - 

薬薄毛は自毛植毛やメソセラピー療法で治療することもできますが、その他にも投薬療法があります。
投薬療法の中にも大まかに分けて3つあります。

一つ目の投薬療法はミノキシジルです。
ミノキシジルの主な効果は血行促進作用が挙げられます。
この投薬は薄毛治療をしてくれる多くのところで使用されています。
ミノキシジルの副作用には体毛が濃くなることや血液低下の症状がありますが、このような副作用が現れる確率は低くなっています。

二つ目の投薬療法はフィナステリドです。フィナステリドの主な効果は男性ホルモンを抑える作用になります。この薬は胎児の発達に悪影響を与えることもあるため、男性しか使用することができない薬になります。多くのクリニックではミノキシジルと併用して患者さんに渡すところが多くなっています。

三つ目はパントガールです。パントガールは女性の薄毛を治療するために作られた新薬になります。現在知名度が高くなっており、副作用に関してもそれほど多くないとされています。パントガールの主な成分にはアミノ酸やタンパク質といったもので成長を促す成分が豊富に配合されています。また、他の薬と併用することができるので、薄毛で悩まれている幅広い女性の方が飲むことができます。


薄毛をメソセラピー療法や育毛剤、自毛植毛で治療しよう

 - 

薄毛を治療する方法には様々な方法があります。

例えばメソセラピー療法です。メソセラピー療法では注射器などを使用して医療薬を体内に注入し、成分を浸透させることによって治療をする方法になります。基本的にはクリニックを利用して治療を受けることになるので、通うための時間を確保することが求められます。このメソセラピー療法をすれば毛髪の再生を期待できます。また、細い髪の毛しか生えなかった方でもこの療法を受けることによって丈夫な髪の毛が生えてきたという方もいるのです。

その他の治療方法には育毛剤が挙げられます。現在、育毛剤は街中で市販されているものだけでなく、通販サイトなどでも販売されています。CMで商品が紹介されることもあります。育毛剤を購入する際にはその育毛剤にどのような成分が含まれいるのかを確認して購入するようにしましょう。

その他の治療方法には自毛植毛があります。植毛と聞くと人工的に作られた毛を植えることであると思われる方もいますが、現在では自毛を移植することもできます。例えば前頭部は薄くなっていても後頭部は髪の毛が生えている方もいるのではないでしょうか。そのような方は後頭部の毛を前頭部に移植して髪の毛を増やすことができます


関連サイト~福島県よりharg(ハーグ)療法や薄毛治療・AGA・発毛なら水戸中央CL
頭皮に薬剤を投与し薄毛を改善する「HARG療法」を行っているクリニックです。


薄毛の悩みについて

 - 

薄毛日本には薄毛に悩まれている方がとても多くいます。
薄毛と聞くと男性をイメージされる方がいますが、現在では女性でも薄毛になってしまう方がいるのです。
では薄毛の原因は一体何なのでしょうか。
薄毛には様々な要因がありますが、例えば生活習慣です。
現代はストレス社会であるとされています。
会社員の方の中には残業が続いている方もいるでしょう。ストレスが蓄積すれば自律神経が乱れるので、薄毛の原因になるとされています
また、揚げ物が好きな方もいますが、あまり脂っこいものばかり食べていると必要な栄養分を身体が摂取することができないため、頭皮に栄養を与えることができなくなります。そのため、普段の食事から栄養バランスの摂れた食事を心がけなければならないのです。

睡眠不足も薄毛の原因であるとされています。髪の毛は睡眠中に伸びるとされています。睡眠をとらなければ髪の毛が伸びる期間が減ってしまうので薄毛の原因になってしまうのです。頭皮の血流も薄毛に影響があります。頭皮の血行が悪いと髪に栄養が行き渡らないため、薄毛の進行に繋がるのです。

生活習慣だけでなく、間違った頭皮ケアも薄毛の原因であるとされています。シャンプーのしすぎやリンスのつけすぎ、ドライヤーをかけずに寝てしまったり、過度にドライアーを当てることによって髪の毛を傷めてしまうこともあります。なるべく適切な頭皮ケアをすることによって薄毛になる原因を低下させることができるのです。

このように薄毛になる原因には様々なものがありますが、今回は薄毛の治療方法にはどのようなものがあるのかを紹介します。